レッドウッド国立州立公園に生息する野生動物&植物の種類は?見られる場所やベストな時期は?

レッドウッド国立公園には壮大な自然が広がっており、そこには貴重な動物たちの野生の姿を見ることができます。絶滅危惧種なども生息しており、そこに生きる動物たちの力強い生命力を感じられますよ。

野生動物はどれくらい生息している?

・ルーズベルトエルク

・ハゲタカ

・コンドル

・ボブキャット

・マダラフクロウ

=公園周辺で見られる水生生物=

・アシカ

・コククジラ

・キングサーモン

・スチールヘッドトラウト

==植物===

・セコイア(レッドウッド)

・シダ類(7種類)

・ベリー類

・花類(シャクナゲ、つつじなど)

ベストな時期や場所はどこで見ることができる?

野生動物を見る時期は、春から夏にかけてがベストでしょう。

冬は雨が多く動物たちも隠れていることが多いため、なかなか見つけることは難しいでしょう。

5月から6月中旬にかけては、シャクナゲが開花するため森がピンク色に染まるのです。

この華やかな森の光景もぜひ一度ご覧いただきたいです。

スポンサーリンク
Sponsored link
Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です