ヨセミテ国立公園の自然で見れる野生動物の種類は?おすすめ写真撮影時期&スポットはどこ?

【ヨセミテは野生動物がたくさん!】

ヨセミテ国立公園内には数多くの野生動物が生息しています。

哺乳類は100種類以上、鳥類は200種類以上いるといわれています。

可愛くて思わず触りたくなる動物から、危険で命を脅かす存在までもがいるので、野生動物の種類についてはある程度知識があったほうが安全でしょう。

以下がヨセミテで見ることができる主な動物達です。

・熊

FireShot Capture 142 - ヨセミテ 熊 - Google 検索_ - https___www.google.co.jp_search

ブラックベアなどは野生に生息しており、親子だと母親が威嚇してきたり危険なので、刺激をするのは絶対にやめましょう。

・ヘビ(毒蛇に要注意)

FireShot Capture 141 - ヨセミテ国立公園大好き!/Yosemite.jp_ 野生生物_ - http___www.yosemite.jp_mt31_archives_cat22_

ガラガラヘビは危険で藪を歩くときはかなり注意しなければならない存在です。

音を立てながら移動しているので、耳を澄ませば存在に気づくはずです。

あとはむやみに藪に足を踏み入れたり走り回ったりはやめましょう。

また、岩の上で日向ぼっこ中のヘビを驚かせて噛まれる観光客は多いそうです。

・コヨーテ

FireShot Capture 143 - ヨセミテ コヨーテ - Google 検索_ - https___www.google.co.jp_search

コヨーテと聞くと、いかにも危ないイメージですが意外と臆病で人間には近づこうとしません。なので、横を通ってもコヨーテの方からさっさと逃げるパターンがほとんどでしょう。

冬に見るコヨーテは凛々しくて、なんだかかっこいいですよ。

・リス

FireShot Capture 145 - ヨセミテ リス - Google 検索_ - https___www.google.co.jp_search

かなり大きなリスですが、キャンプ場エリアでもよく出没するので、数日経てば見慣れる存在でしょう。危険ではありませんが餌を与えたりは避けましょう。

・アライグマ

FireShot Capture 146 - ヨセミテ アライグマ - Google 検索_ - https___www.google.co.jp_search

かわいいので日本人にはかなり人気がありそうですが、こちらも餌やゴミをあさりに夜中活動するので、見つけても餌付けは禁止です。

・ナキウサギ

FireShot Capture 140 - ヨセミテ国立公園大好き!/Yosemite.jp_ 野生生物_ - http___www.yosemite.jp_mt31_archives_cat22_

北海道にも生息していることで知っている人もいるでしょう。

見た目が可愛いので思わず触りたくなりますね。ナキウサギという名前ですが厳密にはウサギとは異なる小動物です。

・マーモット

FireShot Capture 144 - ヨセミテ マーモット - Google 検索_ - https___www.google.co.jp_search

リスのような見た目でかわいいマーモット。人の食べ物を盗みに結構図々しく近づいてくるので、決して見た目で油断をしないように。笑

【写真撮影のポイントは?】

野生動物の撮影はやはり「運次第」な部分があります。(^_^;)

しかし一度見かけたら、あとは気配を消して、根気よくシャッターを切るまで観察するのが大事。

対象の動物がすぐに逃げるようであれば、急いで撮影が大切ですが、もしゆったりとしているならむやみに追いかけずに行動を静かに見守りましょう。

運が良ければ捕食シーンや昼寝の姿を見ることもできるのが、大自然ならではの魅力でもあります。

FireShot Capture 147 - 野生動物 カメラマン - Google 検索_ - https___www.google.co.jp_search

基本的には動物達とは距離を取ること大事です。相手のテリトリーに踏み込みすぎるとトラブルの原因となりかねませんからね。

野生動物の撮影スポットは水辺や川の向こう側などで、人目を気にせずに生活の営みをしている姿が見つけやすいかもしれません。

冬よりもやはり春から夏にかけてが動物達の活き活きとした姿が見れるはずです。

あまり真剣に探そうとすると動物も勘付いてしまうので、ハイキング中の「意外な出会い」に期待することも大切なことの一つかもしれませんね。

スポンサーリンク
Sponsored link
Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です