アメリカ大学留学の実態!早く卒業するコツは帰国せず夏学期で単位習得!

みなさんご存じの通り、アメリカの大学生の夏休みはとても長いです。

学期終了時期や始業時期が大学で異なるため、全ての大学で同じではありませんが、セメスター制の大学の場合、6月から8月まつまでの約3ヵ月間が夏休みになります。

ここで夏休みの過ごし方を少しお話いたします。

【早く卒業したいなら】

FireShot Capture 98 - college graduate fast - Google 検索_ - https___www.google.co.jp_search

夏休みでも実は授業は実施しています。夏季授業と呼ばれていますが、丸々3ヵ月間ではなく、大体8週間(約2カ月)実施されます。

この夏学期は必須ではありません。授業をとらなくても問題はないのですが、留学生のように、滞在年数をできるだけ早めて卒業したい人は受講することをお勧めします。

しかし夏学期の授業は通常の春や秋学期と同等の授業内容を同等な授業時間で行うため、詰め詰めで行います。そのため例えば3単位の授業は、週4日毎日3時間授業が行われます。

もちろんテストもありますから、勉強をこまめにしていかないとついていけなくなり、最悪の場合は単位を落とすことになります。そのため、夏学期の授業は大体最高で2クラスぐらいに抑えて受講します。3か月何もしないで過ごすなら、授業と取ることをお勧めします。

【日本へ帰国】

FireShot Capture 99 - trip fly - Google 検索_ - https___www.google.co.jp_search

夏休みに入ると、日本へ一時帰国する学生もいます。久しぶりの日本の空気を満喫するのもよいですし、バイトをして留学資金を稼ぐのもよいかと思います。

しかしひとつ注意が必要です。特に留学して日が浅い人は要注意なのですが、3か月英語に何も浸らないと、再渡米した際、英語を忘れていることがあります。

これは私の経験なのですが、留学1年が過ぎた最初の夏休みに一時帰国したのですが、英語に触れずに過ごした影響で、再渡米後、英語を忘れていたのです。もちろん授業も理解できなくなり、元に戻すのに相当苦労した経験があります。その苦い経験を踏まえて、それ以後6年後の帰国まで一度も日本に帰りませんでした。私が皆さんにお伝えしたいのは、一時帰国しても英語力の維持だけは怠らないでください。羽を伸ばしすぎると新学期で授業についていけなくなります。

スポンサーリンク
Sponsored link
Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です