アメリカ長期滞在&留学生に健康保険は必須?病院で日本人医師が診察可能?

アメリカに長期滞在していたら病気や怪我をすることは十分にあります。特に風邪などの症状は日常的に起こりえる事です。ここでは日本とアメリカの病院事情をお話致します。

【まずは事前調べ】

 FireShot Capture 95 - american hospital - Google 検索_ - https___www.google.co.jp_search

アメリカ生活が始まったら、まず近隣の病院を確認しておくことをお勧めします。

地域にもよりますが、例えばロサンゼルスの場合、複数の病院が一つのビルに入っていることが多いです。日本ではあまり見かけませんが、普通のオフィス街にあるようなビルに入り、廊下を歩き、オフィスのドアを開くと目の前に病院があるのです。

私は初め驚きましたが、中は普通の病院なのです。

また、ロサンゼルスは、日本人医師が開院していることが多く、英語に不慣れな人、日本人の医師に診察してもらいたい人は、日本人医師の病院に行かれることをお勧めします。なお、ほとんどの病院が予約制ですので事前に電話番号を調べておき、体調が思わしくないなら、直ぐに予約する事をお勧めします。

【保険は必須】

FireShot Capture 96 - america hospital insurance - Google 検索_ - https___www.google.co.jp_search

アメリカの病院にかかる際、日本の健康保険は適用外です。

そのため、医療費は高額になります。巷でよく言われるのが、盲腸の手術に100万円など本当に高額な医療費になります。

これらの請求を回避するため、渡米前に留学生なら、長期の健康保険に加入することが必須です。保険会社にもよりますが、診察費用、薬代など、治療に関わる費用は全て請求でき、ほぼ全額返金されます。

また一部では交通費(バス代、ガソリン代等)も支払い対象になっていることもあります。さらに、緊急帰国費用を支払ってくれる保険会社もあります。

私の経験談ですが、渡米中に祖父が亡くなりました。その際、この緊急帰国費用と利用して帰国したことがあります。これはあくまで、身内に不幸事があった場合のみに適用されます。

【病院間の連携がすごい】

 渡米中に、一般科(日本でいう内科)の病院を受診しました。

その際、レントゲンが必要とのことでしたが、院内にレントゲンはありません。なんと近くの大きい病院に行ってきてと言うのです。

よく分からないままその病院に行きレントゲンを撮りました。するとそのレントゲンの画像をその大きい病院の医師が確認し、内容を一般科の医師に電話で伝えたのです。要は受診した病院に必要な機材や専門外である場合、他の病院の助けを借りて診察しているのです。紹介状で転院ということは、日本でよく聞きますが、連携して診察は、日本では中々ないと思います。

スポンサーリンク
Sponsored link
Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です