アメリカ留学でアパート契約のコツ&注意点!必要な書類&証明書は何?

アメリカの生活において、一番大変なことが家探しです。これはアメリカに在住するほとんどの人がそう感じています。

特に留学生にとっては難題ばかりです。まず、アメリカで住む場所を探す際、日本と同じようにインターネットや不動産屋で探すことができます。

ここで注意する点は、まずどの地域に住みたいかを明確にすることです。日本の場合ですと、不動産屋が広い範囲から的確な物件をピックアップしてから車で数件回ってくれます。そして最終的に自分自身で住みたい場所を選択します。しかしアメリカではそのようなサービスはありません。自分で住みたい地域を特定し、インターネットや不動産でその地域の空き部屋を探します。

アメリカ流物件の探し方

FireShot Capture 79 - Home-House-For-Rent_t580.jpg (580×386)_ - http___epmgaa.media.lionheartdms.c

もし時間に余裕がある場合は、その地域を車で回り、アパートの前の看板や旗を確認しに行きます。まず、アパートの入口付近にVACANCYと記載があれば、空室ありです。そして看板はないが旗が立っていたら、そこも空き部屋ありという意味です。このメリットは、リアルタイムに空き部屋を見られるので、他の客に先を越される心配が少ないのと、すぐに直接オーナーや管理人に会って話すことができる点です。

デメリットは、家賃等の情報をその場で知るため、想像している以上に高額だったりすることがしばしばあります。そして車で走りながら探すため、時間を費やすということです。

私のお勧めは、前者のまず地域を特定しインターネットで物件を探す方法です。よい物件があれば、すぐに電話して実際の部屋を見に行きます。

その際、部屋だけでなく、その建物周辺をきちんと確認してください。特に落書きがあるか否かは重要です。もし落書きがあるなら要注意です。夜中に不審な者が付近にいる証拠ですし、治安が悪いことを示しています。時には自身の愛車にいたずらされることもありますから要注意です。

契約は要注意

 建物、部屋、周辺も問題なければ、次は契約です。契約書は日本のような数ページではありません。私の経験では、何ページにも及んでおり、中は小さい字で詳細が記載されていました。そしてその文章の端に、一つ一つ自身のイニシャルを記載していきます。読んだ証拠であるのと理解したという意味でもあります。

FireShot Capture 80 - Free California Month to Month Rental _ - http___www.tidyforms.com_download_

もし英語力に自信がない場合は、辞書が必要になると思います。アメリカに数年住んでおり、ある程度英語力に問題ない場合は、特に不安を感じることはありません。

またここでも注意が必要です。特に留学生の場合ですが、契約の際に、Bank Statementの提出を要求する場合があります。これは日本でいう銀行の残高証明書です。要は、いくら預金があり経済的に余裕があるのかをオーナー側は知りたいのです。もちろん留学生はそんなに銀行口座に預金はありません。ほとんどの人が毎月仕送りなどで生活しているので残高は少ないです。

FireShot Capture 81 - california apartment bank statement - Googl_ - https___www.google.co.jp_search

そのため、オーナー側は、経済力がないと判断し、契約を拒む場合があります。私の経験では、その際半年分の家賃をはじめに支払うという交渉で決着がつきました。

多くの移民を受け入れるアメリカですが、留学生の経済事情などは、ほとんど知りません。そのためオーナー側に、きちんとどのように生活しているのかを正確に伝える必要があります。賃貸契約の中で、一番大変な時がこの説明と理解を得ることです。

スポンサーリンク
Sponsored link
Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です